入れ歯

当院の入れ歯の種類

入れ歯といっても様々な種類があります。

 

部分的に装着する部分入れ歯、ブリッジ。

全体的に装着する総入れ歯。

 

また、固定方法や材質にも種類があります。

 

部分入れ歯では、装着時に金属製のフックを引っ掛けるものや、フック部分を樹脂でつくって目立たなくするもの。

ブリッジでは、歯が抜けた部分の両隣の歯を削って台を作り、橋を渡すように被せ物を装着し、接着剤で固定します。

 

総入れ歯では、床と言われる中央の部分を金属で丈夫に作るもの、床を無くして舌触りを快適にしたもの、取り外しが容易にでき洗浄性が高いマグネット固定にしたものなどがあります。

​こうした材質や固定方法により、保険適用となっているものと、自費で行うものとがあるため、ご自身にあったものを選んでいただきます。

 

当院では、患者様のご要望に応じていろいろな種類の入れ歯をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

ブリッジ

部分入れ歯

総入れ歯

よくある質問

Q

保険の入れ歯と自費の入れ歯は、どっちがいいですか?

A

一概にどちらが良いとは言えません。確かに自費の入れ歯の方が材質や機能が優れていることが多いですが、保険治療で十分な場合もあります。お気軽にご相談にいらっしゃってください。

Q

入れ歯とインプラントどちらが良いのでしょうか?

A

費用が大きく異なりますので、その費用に見合うだけの満足感を機能面や見た目に感じられるかがポイントになると思います。入れ歯はご自身でメインテナンスが可能ですが、インプラントの場合は歯科医院でのメインテナンスが必要になります。そうした長期的な視点も考慮して選択されることが良いと思います。