MIN01065.JPG

予防歯科

予防歯科とは?

むし歯や歯周病を防ぎ、良い口腔環境を保つことを予防歯科といいます。

予防歯科は、歯周病・むし歯を防ぐだけでなく全身の健康管理に役立ちます。

当院では、歯のクリーニング(PMTC、歯石除去)やフッ素塗布などの予防措置を行い、むし歯・歯周病などを早期発見できるように全力で努めております。

歯科医院に対して「歯を健康な状態に治すところ」というイメージを持っている方が大半だと思います。 しかし、治療で削ると少しずつ歯はなくなっていき、いずれ失われることになる可能性が高くなります。

口腔の問題は悪くなってからでは遅いのです。

患者様自身が早期発見を常に意識し、定期的に検診を受けることが大切です。

私たちは皆様のお口の健康を守るため、口腔問題の早期発見に努めます。

MIN01064.JPG

予防歯科の必要性

現在、「8020運動」という国の健康キャンペーンが行われていることをご存知でしょうか?

「8020運動」というのは、「80歳になっても20本以上の歯を残そう。」という目標で、歯や歯ぐきの健康を守る予防ケアの必要性を呼びかけている運動です。

このようなキャンペーンが始まったのは、健康で長生きするために歯がとても大切だと考えられているからです。

まず、歯を失って困ることといえば食事です。硬い食べ物ほど食べるために多くの歯が必要となります。例えばレンコンや豚肉では6本~17本、もっと硬いフランスパンや酢だこを食べるためには18本以上の歯が必要だとされています。

歯を失い食べられる物が減って、柔らかい食べ物を食べる割合が増えていくと、栄養が偏ってしまう可能性があります。特に、肉類が食べられなくなるとタンパク質が不足してしまうため、高齢者では衰弱が心配されます。

こういったことから、いろいろな食べ物を美味しく食べて、健康でいられるために、80歳で20本の歯が残っていることが目標に掲げられるようになりました。

the-number-of-times.jpgの複製

しかし、現在日本の80歳の方に残存している歯の本数は平均12本しかありません。他方、 スウェーデンでは平均20本、アメリカでは17本と、日本より格段に多いです。この違いは、欧米諸国と日本との歯科定期検診の受診率の差によって生まれています。予防歯科が進んでいるスウェーデンでは、 歯科定期検診の受診率は全国民の80%以上です。また、他の欧米諸国でも70%ほどの受診率が保たれています。これに対し、 日本の受診率は10%未満なのです。 

定期検診の頻度と歯の平均残存本数.png

定期検診の内容

歯のフリーアイコン_edited_edited.png

step
​1

​口腔内チェック

むし歯が無いか、歯ぐきは腫れていないか、出血は無いかなど、

お口の中全体をチェックします。

自分では見る事の出来ない隅々までチェックするので、

新たなむし歯が発見されることもあります。

MIN01055.JPG
歯のフリーアイコン_edited_edited.png

step

噛み合わせチェック

上下の歯を噛み合わせた時に強く当たっているところは無いか、

本来噛み合う部分が適切に噛み合っているかなどをチェックします。

噛み合わせがズレていると歯や顎が痛くなるだけでなく、

頭痛や肩こりの原因にもなるので注意が必要です。

_edited.pngの複製
歯のフリーアイコン_edited_edited.png

step
​3

歯周病検査

歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)の深さを測り歯周病の進行度合いを検査します。

自覚症状が無くても歯周ポケットが深いと、歯周病の危険性が高いので早期発見の為にも大切な検査です。

MIN01026.JPG
歯のフリーアイコン_edited_edited.png

step
​4

ブラッシング指導

場合により染め出しを行い、磨き残しが無いかをチェックします。

その際に効果的な歯磨きの方法などをご指導いたします。

予防歯科には日々のセルフケアがとても重要ですので、ここで自分の歯磨きの癖を知っておきましょう。

4250486_s.jpg
歯のフリーアイコン_edited_edited.png

step
​5

歯面清掃

専門の器具を使い「歯の表面・歯と歯の間・歯と歯ぐきの境目」についた汚れを落とします。

普段の歯磨きでは落としきることができない汚れを落とすことができるのでスッキリします。 プロのテクニックを知り、歯面清掃のみのために来院されるようになる方もいらっしゃいます。

3314877_s.jpg

PMTC

P・・・Professional(専門家による)

M・・・Mechanical(機械的な)

 T ・・・​Tooth(歯の)

 C ・・・​Cleaning(清掃)

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、専門家による機械的な口腔の清掃のことです。

歯科衛生士が専用のブラシとペーストを使って、患者様が普段取りきれないプラークや着色を除去します。それにより、むし歯や歯周病を予防します。

なぜ歯科医院でのPMTCが必要なのでしょうか?

プラークは、時間が経つとネバネバした膜を作って、歯にしつこく付着します。これは、シンクなどにつくヌメリと同じで、洗い流しても取れません。抗菌剤や殺菌剤にも強く、常時、毒素を出しています。

PMTCでは、プラークや歯石を可能な限り除去することで、新たなプラークが付きにくい環境をつくります。 歯石はこのプラークの上にできますので、プラークを除去してしまえば歯石はつきにくくなります。

 PMTC後は、歯面がツルツルになり気持ちの良い感覚を得られます。

さらに、歯周病やむし歯を予防する事ができます。

pmtc.png